アルバム曲解説~Teenage pops~

Teenage pops アルバムの表題曲である、一曲目。 この曲は、曲作りスランプに陥っていた時に、出来た曲である。 何時間ギターを弾いても、満足する曲ができない!! そんな時に、おもむろにアコギをかき鳴らした。 どれぐらい、おもむろかというと、 ストラップ(ギターを肩からかけるための)をつけずに、 膝でギターを抱えて、立って弾いた。 結構気持ち悪い姿になっていたと思う。 それで3分くらいで完成したこの曲は、

アルバムそのものを表す、大切な曲になった。 10代で感動した音楽は必ず、君の人生に残りつづけるだろう。

音楽以外でも、何でもそうかもしれない。。。

(もちろん、10代以外の人にも届くことを願ってます)

人間は18歳くらいまでの感動で、感性が決まる

みたいなこと誰かが言ってたような気がします。

僕にとっての「teenage pops]であるNirvanaの カートにも捧げています。(歌詞を読みとってくれたら、、、)

サウンド的にはネオアコ、シューゲイザーにちょっとグランジですね

ちなみに

ストラップをつけないで立ってギターを弾くのは、

全然おすすめできません!!

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© HAPPY&SAD RECORDS